*

お金も原因の別れた夫婦。なんでそんなに夫小遣いを渡すの?

      2017/07/08

おはようございます!

 

最強ね、身近に再出発を
選んだ夫婦がいまして、、
下の子は息子と同じ歳だったかな。

 

お子さんが二人、親権は母で
養育費は月10万円に決まったそうです。

 

で、ですね。

 

その離婚の一部原因に、
お金が絡んでいたようで
(いわゆる価値観の違いですね)
こんな質問をされました。

 

「どうしてそんなに夫お小遣いが多いの?」

 

 

うちの夫のお小遣いの話です。

 

 

このブログでも散々書いてますが
我が家の夫小遣いは、
世間一般よりも多めです。

 

 

で、あろうことか
収入が減ってから
さらに増やしてます。爆

 

今日はそれについて
書いてみたいと思います。

 

 

 

ぶっちゃけね、、、

 

 

何だって良いよねーーー!!!

 

 

っていうのが本音です。

 

他所の家、世間一般ほど

アテにならないものはないと、

個人的には思ってます。今はね。

 

 

多いとか少ないとか
そんな枠はないと思ってるし。
ザ・気のせい。

 

 

だからこれは我が家の話。
ただの一例です。

 

 

正解とか、これが正しいとか
そんな話は出来ませんので。。。

アホがいるなーくらいで

読んで頂くのが正解(•ө•)♡

 

 

夫は仕事柄、というよりも
元々人と関わるのが大好き。

 

だからどうしても付き合いは多く
仕事とプライベートの線引きが曖昧です。

 

 

仕事関係の人とプライベートでも遊ぶし、
とっても楽しそうで何よりです。

 

 

そんな事情もあり、結婚当初の
まだまだ生活が大変な時期から
夫のお小遣いを真っ先に確保してました。

 

 

先取り貯蓄ならぬ、

 

先取り夫小遣いです!(≧▽≦)

 

最初は大変でも
昇給したり、
年収が上って行ったので
少しずつですが、貯金も出来ました。

 

 

ですが、、、、

 

ある日、

降格&大幅減収したんです。

 

 

ここです、ここ。

 

ここで、夫にかけるお金を
バーンと増やしました。

一切迷わなかったです。

 

これね、今書いてて気づいたのですが、、、

 

 

私目に見えないもの、
めっちゃ大事にしてるわ…

感受性の強さを良い方に使えました。

この時、何も考えてないです。

 

(あ、使わなきゃ!)

 

これだけで行動してます。

 

恐らくね、、収入が減ったら
貯金を維持できるように
お小遣いを減らしたり
支出をコンパクトにすることを選ぶ方は
多いと思うんです。

 

それが正しくて

それがセオリー。

 

でも、私はそれを選びませんでした。

 

今思えば、、

目先の貯蓄を手放してまで
私が欲しかったもの、
選んだモノは、、、

 

「夫の自信」でした。

 

それがお金と引き換えにしてまで

欲しかったモノ☆

 

使わなきゃ、の正体でした。

 

どうしたって男の人は
勝ち負けの世界じゃないですか。

 

野球部に入れば
先輩から水を飲むのを禁止され
(脱水で死ぬよ?)
カチコチに凍らせたトマトで
水分を取って命を繋いでいた夫は
未だに生のトマトを食べられません。。

このエピソード聞いた時、戦時中に食べる物がなくてイモばっかリ食べてたから嫌いになっちゃったっていう戦争経験者の方の話を思い出しました。

 

先輩の言う事は絶対!!の
厳しい上下関係で揉まれ
そこで沢山学び、
人として成長もしましたが
社会人になれば上司や取引先
会社の方針etc…

 

同期で誰が一番出世するか
ずーっとレース。。

 

 

一緒によーいドン!
した覚えは
全くないというのに…

 

 

 

どうしても、結果が全て!
みたいな所がありますよね?

 

 

そんな夫がですよ。

 

仕事で降格したもんだから、さぁ大変。

 

注:あ、一応夫の名誉のために言いますが、
彼は会社の奴隷になるドM趣味はないです。
それは自分で選べますからね♡
好きでやってますし会社のせいとかないです。

毎日ニコニコしながら出勤していきます。
ん?変だな。
ってことは、そっちの方がゴリゴリのM…

 

 

私が一番守りたかったのは
彼の自尊心でした。

 

 

 

もうダメだ・・・
オレはもう終わった・・・

私には、こうみえてました。

実際はこんなもんじゃなかった…

 

完全に自信を失くしていたであろう夫に
勘違いして欲しくなかったから。

 

 

おい、おまえ・・・

 

そんなもんじゃないだろ?(・∀・)

 

っていうね。。

 

 

お財布を開くと、
どうしたって中身が目に入りますよね。
だからお財布にいっぱい紙幣入れてる人
身近にいませんか?

 

でもそれって
私のようにアホみたいに、、

 

 

「使うぞー!!!」

 

っていうのが目的じゃ無い方も
いらっしゃいますよね?

 

何がしかのアファメーション的効果や、
視覚的な効果を
期待してるっていう事も
あると思うんです。

 

 

うちの夫に必要で、実行したのが
まさにコレ。

 

 

やってみたら
私より遥かにパンパン使ってますけどね。
(想定の範囲内です)
使えないお金なら持ってたって意味ないからね。。

 

 

 

お財布にいっぱいお金を入れておく。

その効果を知っていたら、
旦那さんのお財布にも、
いっぱいお金いれよう♪
って、自然となります。

 

 

 

(今日はちょっと力が出ない。。
よし!お昼は奮発して
パワーチャージしよう!!)

 

 

夫がそう感じた時に、
お財布の中のお金が寂しくて
諦めざるを得なかったら、、

 

こんな誤解をするかもしれません。

 

 

「(オレ)には、そんな価値がない」

 

 

こう誤解されるのが嫌だったんです。
(そこはホラ、ナイーブな時期だったしw)

 

私は夫が、いつどの瞬間に
パワーチャージが必要になるか
365日24時間管理するなんて
出来ないんです。

知らんがな…っていう。。

 

 

だからお互いにお小遣いっていう
使途不明金・本人の裁量で
使えるお金は絶対必要、絶対大事なんです。

 

 

不釣り合いって事は
望みを叶える必要がないんです。

 

 

分不相応って、ある意味好都合。

 

そこを言い訳に出来ちゃう。

自分を満たさないでも良い、

理由になるから。

 

今までだって、夫小遣いを
世間相場よりもちょっと多いくらいに
設定させてもらってました。

 

そうやって協力しあって
コツコツ貯金してきたので
そのメリットも
もちろんわかってます。

 

多ければいいってもんじゃーない。

 

 

ですが、そのメリットを
手放し、引き換えにしてでも!!

 

夫に勘違いされる事が嫌だった。

 

「俺にはそんな価値はない」

 

そっちの方に
よりデメリットを感じたんです。

 

 

 

これね、本人の潜在意識の話です。

 

 

だから厄介なんです。

 

 

無意識のうちに
自分の価値を低く見積もってしまうから。

 

 

財は人間です。

 

 

 

しかも我が家の場合、
お金を稼ぐと言う事に関しては
夫が中心。

 

 

確かにお小遣いを減らせば
貯金を減らさずに済みます。
目先の貯金は増えるでしょう。

 

 

ですが、長い目で見たら
モチベーション・パフォーマンスは
絶対変わると思うんです。
だから広く見る。

 

 

何故なら財は人間だから。

 

 

自信を失くした夫と
自信を取り戻して欲しいと感じた妻の感覚は、
恐らく同じタイミングで湧いてます。

 

 

同時多発。

 

 

これ、何も
お小遣いが少ないから
悪いって事じゃないですよ。

 

お小遣いが多すぎても
感じる事だと思います。

 

 

今、何を大事にしたいのか
本当は、どう在りたいのか

 

それだけです。

 

 

私の場合は
たまたまそれが、

 

「夫に自分を見くびって欲しくなかった」

 

 

っていうだけ。

 

だからそこにお金を掛けただけ。

 

 

目先のお金を追わずに、
ただ自分の在りたいように選んだだけ。

 

そしたら、、、

 

損したら得取っちゃった♪

 

っていう、

当たり前の循環が起きただけ。

 

 

「今」どうしたいか。

 

お金を使って何を得たいか
お金という願いの先に何があるかを
いつも見見失わない。
選んでいるだけ。

 

だから人と比べる事に何の意味もないし

使う使わないはどうでも良い。

 

他人の選択を
自分とは違う選択を全肯定出来るのは、
私の願いと誰かの願いは一緒じゃないから。

 

 

そして想像も出来ない他力を
完全に信頼して委ねてます。

 

雑ですね!笑

 

ですが、「雑」って、
捉えきれない程の大きな何か。
そんな意味合いがあるそうです💗

 

だからかなー。。
私は昔から、
どうしようもなく雑に惹かれる。。

 

 

で、これが
夫降格により得た私の最善の一手です。

 

 

物事は本当にフラットですね…

 

 

良いも悪いも人によって
全然違うんだから。

 

 

もちろん我が家は減収は感謝でした💗

 

 

もう本当に!

生活レベルを上げるとか下げるとか
どうでも良いんですよ♪

 

 

自分が、どう在りたいか
自分が、何に懸けたいか

 

それがしっかりあったら
困った事にはなりません。

 

こうでなければいけない

そう思うのなら、

それを他人に向けるんじゃなくて、

握り締めてる自分を疑いましょう!

 

一番見たくないそこに、

最善の一手は隠れてます💗

 

 

それが出来たら、

身の丈以上の生活になんて
なるわけないです。

 

 

恐れる必要なし!!

 

適当でも、きっと大丈夫。
雑、上等!

 

 

いやーシンプルですね。
こんなに簡単な仕組みだったんだなぁー。。

 

 

今まで複雑に
難しくして楽しんでたんですねー。。

 

 

今こうして書き出してますが
その時はこんな風に
言葉に出来なかったと思います。

 

 

説明が出来ない。

 

 

ただ根底にあったのは、

 

「財は人間」

 

ってことだけ。

 

願いの先を忘れない。
お金に価値を奪われない。

 

そして私はそんな自分の感覚を、
とても信頼しています。

 

 

それにやりくりは私の得意分野です。

 

夫の小遣いを増やして
家計をやりくりするなんて
貧乏だった頃のスキルを
こんなに活かせる場はないですしw

 

 

どんなルールで楽しむか
もう本当に好みです☆

 

 

皆さんは、どんなルールで楽しんでますか?

 

 

では、今日もよい一日を!

 -『お金持ちへの道・実践編』, 『夫婦のはなし』

ありがとうございます!

スポンサー




  関連記事

【住宅ローン】ない方が良いに決まってる!本当の本当にそうなの?

こんにちは!   我が家は住宅ローンを数年前に完済しています。   ローンの支払

「お金は血液のように流れているだけ」それってどういう事?

おはようございます!     ようやく夫の借りる部屋が見つかり 契約が済みました

【我が家の夫の交際費】いわゆる世間一般的なお付き合いとは違うけど…

おはようございます!   昨夜帰ってきた夫肉まんから 開口一番、こんなお願いをされました。

一年前のお財布を見て感じた、循環の秘訣。

おはようございます!   先日一年前の桜の画像を見た時に ふっと気になって 見つけた画像で

コントロールが大嫌いな私が採用する、我が家のパートナーシップ☆

おはようございます! ぞっこん。本文とは関係ありません。   なんだかんだ 毎週末帰ってく

no image

お金とは○○だから、こんな使い方はタブー。 

おはようございます。   いつも楽しく読ませて頂いてる ブロガーさんが、 「無駄遣い」につ

【お金の話】自分にがっかり!気付いたからには変えて行きます!

おはようございます!     昨日ちらっと書いたのですが 自分を俯瞰したら 何や

現実が変わらない原因を発見。うーん、どうしましょう?

このブログは 世の中に、こんなに沢山の 「豊かになる方法」と呼ばれるものがあるのに 現実が思うように

「現実が望んだように変わらない共通点」本気で失くしてみませんか。

おはようございます!   昨日の記事ですが・・・   みんな好きに選んでいるだけ

お金の循環を止める恐ろしいもの、それは「無駄遣い」!

おはようございます!   昨日は神社へ☆ 毎月恒例、参拝して参りました。   あ

ありがとうございます!

スポンサー




ありがとうございます!

スポンサー




【引き寄せの法則】ネガティブを感じるのは辞めましょう!は自己否定。

こんにちは! 今回の入院中、2回目となる 24時間脳波検査中。   どうしたら退院出来るの

母になって丸12年。4年目の母に伝えられる事は○○。

こんにちは! 今日も引き続き 病院から更新していきます!     今回の入院では

捨てる・買う・自己嫌悪の無限ループから抜け出す断捨離のススメ。

こんにちは!   娘の医療機器が 一部変更になるのに伴い これまで使っていた医療物品を 処

高いモノを買うも、安いモノを買うも、どっちにも興味がない。

おはようございます! 息子からのプレゼント☆ 花びらのカタチがかわいい・・!   秋は私の

お久しぶりなのにタタリガミ。ちょっと落ち着いてきました。

おはようございます!     1週間ぶりの更新は 数か月ぶりくらいの体感がありま

  • はじめまして。だいふくと申します。
    30代後半の専業主婦で、二人の子の母です。

    結婚後義両親との完全同居がスタートしました。
    娘の介護により、思ってもみない程義両親との濃厚な日々を
    過ごす事となりました。
    ストレスに負けず、楽しい日々を過ごそうと日々奮闘しています!

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930