*

「いくらでも買ってあげる」だからお金が必要だった。

      2018/07/26

おはようございます!

 

昨日の記事で書いたように
私は息子にこんな事を言いました。

 

 

「鉛筆も下敷きも
いくらでも買ってあげる」

 

 

 

これを言えた時、
めっちゃ嬉しかったんだよね(∩´∀`)∩

 

 

それで思い出した事があって。

 

 

私はずっと、これが言いたくて
お金が欲しかったんだなぁ。。。

 

 

 

 

貧乏育ちなのでね。
鉛筆や下敷きといった必要なモノを
何の遠慮もなく
必要だから買ってくれと
言えない環境で育ったの(´・ω・`)

 

 

 

たったの100円

 

 

それが買えない惨めさや
いわゆる100円の重みも
アタマじゃなく体で知ってる。

 

 

 

なのでモノをいい加減に扱うとか
安物だからと
適当に扱うような事は
好きではないし
自分ではあまりやらないのかも。。。
(モノを捨てるのは得意ですが)

 

 

100円の重みを知っている私のクチから、

 

 

「いくらでも買ってあげる♪」

 

 

こんな言葉が自然と出た。

 

それを自分の耳で聞いた時、

ようやく偏りがなくなったのだなって
しみじみ思ったんだ(´・ω・`)

 

 

だから嬉しかったんだね。

(言葉はいつも後から)

 

 

お金が無いとさ、
また買えばいいって
思いたくても思えない。

 

 

だって本当に買えないんだもの。
生家は借金はあっても貯金なんて
あったためしがないからね。

 

 

 

私はそれをいっぱい経験してて
良く知ってる。

 

 

 

だからお金が欲しかった(´・ω・`)

 

 

 

私にとってお金は、
誰かと比べ競いあって
優越感を感じるための材料や

 

劣等感から自分はこれで良いって
外側に主張するための
道具じゃなかった。

 

 

 

そんな自己主張すら必要なく
そのまんまの自分でいるため、
心を大事にするために欲しかった。

 

 

 

それは今でも変わらないんだけどね。

 

 

 

ようやく偏りがなくなって。

 

 

上手く言葉に出来ないけど
100円の重みを知った
過去の経験。

 

 

「辛い思い出」だった過去に

大人になってようやく丸がつき、

その時は、

それでじゅうぶん解放されたし

ラクになったけど。

 

 

今わかるのは、

良いも悪いもジャッジであり

二極に振れてるだけだった。

 

 

今はニ極を超えて

良いも悪いもない

ただのニュートラルな経験になってた。

 

そしたら、たまたま
こんな投稿が目に飛び込んで来た。

 

 

1円を笑う者、100円で大爆笑

 

 

 

なんて軽やか!!

 

 

私はこっちの方が好きなんだよね( *´艸`)

 

1円も百円も

どっちも笑いながら

楽しく使いたいな٩(๑´3`๑)۶

 

 

 

 

私がお金を欲しいと思った理由って
「自分が報われなかった」
と言うよりも、

 

 

お金に苦労した祖母や
両親の分まで
背負い込んでたのかも。

 

 

だけど結局は、
そうやって握りしめるから
ずーっとそこに囚われるし、
いらないモノまで背負い込むんだから
そりゃ重くなるよねって話で。

 

 

それを手放したら
軽くなる、
100円で大爆笑出来る。

 

 

で!!!

 

 

 

軽くなるから、

お金もぐるんぐるん巡り出す( *´艸`)

 

 

 

って事が起きたのだと

自分を振り返ってみて思う。

 

 

本当に自分が信じた通りになってる…

 

 

私から見た限り、

例外は、ない。

恐いよ…・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

 

だからアタマの中を変えると

早いんだけどね(•ө•)♡

 

 

でね。

 

 

今思うのは、
お金に苦労した祖母や
両親だけでなく
良く知らないけど
貧しい時代に生きた先祖の分まで、、、

 

 

 

全部報われる
帳消しに出来る
成仏させられる
昇華させられる

 

 

そんな感覚が起こりました。
何か知らんけどw
これこそ言葉じゃ説明出来ないな(´・ω・`)

 

 

同じ経験した人、

だれかいないかしら(・∀・)

 

 

親孝行どころか

先祖供養まで出来るなんてね。

 

凄いね( *´艸`)

 

 

「お金に価値を奪われない」

 

それは凄く難しくて

一部のお金持ちしか

その選択が出来ない時代もあった。

 

 

今は沢山の人が

それを選択出来る。

本当に良い時代だなって思う(•ө•)♡

 

 

 

今も昔も
一貫して変わっていないのは
私がお金を欲しい理由。

 

 

「心を大事にしたい」

 

 

お金に目を眩ませないための
お金は流れてて欲しい、みたいな。。。

 

 

 

そこに他人は関係ない。
意識にない(・ω・)ノ

 

 

もちろん誰かの何かを
いいなぁ💗って思う事はある。

 

 

 

それは「私」が何を好むのか、
自分を知る為の
データを貰ってるに過ぎなくて。

 

 

手に入ろうが入るまいが
どうでもいいのです♡
入ったらラッキー☆
でも入らなくても
私の幸せに差支えはありません(*ノωノ)

 

 

 

私より裕福な誰かは
いっぱいいるけど、
その誰かと自分を比べて

 

 

「だけど私はこれで幸せ!」

 

みたいに思う事は、
まずありません。

 

 

今は他人と比較して
幸せを感じる事がないんだよね。。。

 

 

お風呂入ってる時とか
きれいな夕焼けみた時とか
そういう時に感じる事が多いよ(´・ω・`)

 

 

 

誰かが感じてる幸せも
私が感じる幸せも
そこに大きさや優劣はない。
対等であり価値は一緒だと
本気で思ってる(´・ω・`)

 

 

なんだろう。。。

 

 

「こんな小さな幸せで
満足してる自分が恥ずかしい」

 

 

みたいな思考・機能が
搭載されてないの(´・ω・`)

 

 

結構持ってる人、多いよね?

 

 

みんな、最初はなかったはず!
後付け、オプションです(´・ω・`)

 

 

これは勝ち負け意識から来るもの。

 

自分が捨ててみて、

こんなクソつまんないモノ
どんどん捨てちゃえ(‘Д’)
って強く思う( *´艸`)

 

 

 

 

まとめると、、、

 

 

お金の巡りを良くするためには
100円の重みを体で理解しながら
(アタマじゃないよ)
100円に押しつぶされてちゃダメなんだ。

 

 

 

では、今日もよい一日を!

 -お金が巡る『意識の向け方のはなし』

ありがとうございます!

スポンサー




  関連記事

「お金持ちになりたい」コレを手放すからこそ、起きるワープ☆

おはようございます!   私は、子供のころから お金持ちになりたい!と 思ってきましたが

【お金がない現実】一瞬で変わるって何?

おはようございます!       私が数年前から伝えている、 &nbs

自分の〇〇を、他人に声高に主張したかった過去☆

おはようございます!     もう何年も前、 このブログを始める前に 私は別のブ

【今月の貯金額】ゴールだけ決めて、方法・ルートを考えず手放してみた☆

おはようございます! 今年採れた梅でジュース、 もう6回ほど作ってます!    

願いは自分で叶える☆だから他力が流れ込む!

おはようございます!     週末、お赤飯を炊こうと ササゲを買いに出掛けたのに

「断捨離」は拡大・繁栄のメソッド☆2年前の自分に驚愕w

おはようございます!   びっくりだね!www     昨日、あんな記

簡単にザクザクが叶う為に☆「願い」と「手段」を取り違えない。

おはようございます!   昨日の記事で書いたこちら。 辻褄合わせたら買う事に☆ &nbsp

降格がショックだったのは・・・

おはようございます!       今から4年前、 夫は降格し 我が家の

いつもブログを読んでくれている方へ。秋分の日の夜に決めた事☆

おはようございます!   今日は秋分の日の夜に ふと思いついて 決めた事を報告させてくださ

一万円は一万円でしかない☆過不足ゲームから一抜けピッ!

こんにちは!     お金が巡る意識の向け方を このブログでは たくさんたくさん

ありがとうございます!

スポンサー




ありがとうございます!

スポンサー




拡がった意識を、お金(現実)が追いかけてくる☆

こんにちは!       今日は建国記念日ですね♪ 皆さん、楽しんでま

100万円超の英語教材と嫉妬の正体。

こんにちは!       武漢を震源とした 新型肺炎による影響で マス

息子の千円☆「意識と思考の違い」&「現実はオマケ」

おはようございます!       数年前の私は 義両親と同居する今の家

さ、ひっくり返そう。

こんにちは!     1か月ぶりの更新となりました。 2020年もよろしくお願い

81万円&頭の中を変えただけ。

おはようございます!       先月だったかな?? 何年振りだろうっ

  • 義両親と完全同居、 娘の在宅介護をしている主婦です。 中1娘(重度障碍児)と小2の息子 夫は単身赴任中( ^^) 自分の在り方を核にした お金の話や日常、断捨離について書いてます('ω')ノ

  • 2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829